乳酸菌と腸内細菌の関係とは?体へのアプローチ方法について

「乳酸菌は腸に良い」という言葉はよく耳にします。ですが実際、乳酸菌が腸にどんな働きかけをしてくれるのか知っていますか?腸内細菌と乳酸菌の関係、種類について覗いてみると、体への良いアプローチについて見えてきました。

 

腸内細菌とは?身体にどんな働きかけをしているの?

腸内細菌という言葉がありますが、細菌と聞くとなんだか悪いイメージ。とは言え、けして悪いだけの菌ではありません。
腸内細菌とは、朝の中に常駐している菌で100種類以上100兆個もあると言われています。それぞれ働きや役割があり、消化を助ける腸内整腸作用から、免疫の向上、コレステロールの抑制、といった効果に繋がってくれます。

 

善玉菌と悪玉菌…体の中には色々な菌がいる?

腸内細菌にはいろいろな種類がありますが、すべて良い働きをしている菌ではありません。

  • 腸の中を酸性にする「善玉菌」
  • 腸の中をアルカリ性にする「悪玉菌」
  • どちらにも当てはまらない「日和見菌」(ひよりみきん)

といった種類に分かれてくるのです。

 

善玉菌は、悪い菌と戦ってくれて免疫力の向上といった働きをしてくれます。一方の悪玉菌は、腸や免疫力の機能を低下させたり、腐敗を引き起こす悪い存在。有害物質を作り出すこともあります。
健康的な体なら、日和見菌を含め善玉菌と悪玉菌が、バランスよく存在しています。ですが、日頃の食生活やストレス、健康状態により善玉菌が減ったり、悪玉菌が増えてしまうことも…。免疫力が低下してしまうため、病気になりやすい可能性が高くなってしまいます。

 

乳酸菌が腸や体にしてくれるアプローチとは?

腸内細菌のバランスを整えたり免疫力を高めるには、善玉菌がポイントです。
いかに、善玉菌を減らさずに増やしていくか。ここで、乳酸菌が役に立ってくるのです。善玉菌には腸内ビフィズス菌、腸球菌の他、乳酸菌も含まれます。乳酸菌を摂取して腸まで届けていくことで、善玉菌のサポートに繋がってくれるのです。

 

乳酸菌は熱に弱く、食事からの摂取では腸に届く前に死滅してしまうと言われていました。今では、乳酸菌サプリなども数多く販売されているので、手軽に摂取していくことができます。身体への良いアプローチを知ると、乳酸菌サプリで効率よく摂取していくのが大切だと感じますね。

関連サイト