乳酸菌で期待できる老化防止とは?アンチエイジングに注目

誰もが避けては通れない老化現象…とは言え、できる限り老化防止をしたいと思うものです。
特に女性は、健康面に加え美容面でも、アンチエイジングのケアはお馴染みでしょう。

 

そこで、実は腸の働きが老化防止のポイントになってくるのを、知っていましたか?
健康と美容の両面から役立つ腸の老化防止と、乳酸菌でできるアプローチ術について調べてみました。

 

人は誰でも老化する?老化防止と腸の関係とは?

老化現象は年齢を重ねるにつれ、誰もが経験するものです。

  • 筋肉
  • 新陳代謝
  • ホルモンの分泌

などの機能低下は、スタイルや肌といった見た目の変化に現れやすく”老い”を感じやすいかもしれません。
ですが、もちろん目には見えない身体の中も、機能の衰えは起きています。中でも、消化や吸収を行う小腸と便にしていく大腸は、免疫力の向上や老廃物の排出などに欠かせない存在。

 

「老化防止には腸内環境を整えよう」という言葉もある通り、自分でできる老化防止対策として健康的な腸をキープするというのも大切でしょう。

 

腸の老化防止は健康面だけじゃないんです!

腸内環境を整えると聞けば、健康を意識した老化防止をイメージしがち。
とは言え、それだけではなく美容面でも効果的なアプローチになってくれるのです。

 

腸の中に存在する無数の菌 腸内フローラは、善玉菌が減少することで本来の機能が衰えてくるきたり、体調悪化の引き金になってしまいます。

 

腸が衰えることで、不要な老廃物が蓄積された結果、その有害物質はという排泄器官を使って身体の外に出されていくことに…。

 

「便秘で肌荒れが目立つ」
「代謝が悪くてニキビができた」

 

というのも、これが原因。
そのため、善玉菌を増やしていくのは、アンチエイジングにも有効と言えますね。

 

効率よくアンチエイジングをするのに乳酸菌がGOOD?!

乳酸菌の増やし方を掴んでいくのが、腸内環境を整えるのには大切です。
ヨーグルトをはじめとした乳酸菌を、積極的に摂取していくのが良いでしょう。また、一歩進んだアプローチとしては、乳酸菌のサプリメントもおすすめです。

 

熱や胃酸に弱い乳酸菌を、生きたまま腸に届けることで、健康面でもエイジングケアとしても大きく役に立ってくれます。


関連サイト