乳酸菌でカンジダ予防?!性病だけが原因じゃないんです!

「カンジダ症になった」と聞いて、まっさきに性感染を想像する人は多いのではないでしょうか?実は、カンジダ症は性感染のみで伝染するものではありません。

 

カンジダ菌が発生する場所だけでなく、仕組みや原因を覗いてみると、私達誰もが気をつけたいものと感じてきます。カンジダ予防に乳酸菌が役立つという情報もあわせて、調べてみました。

 

カンジダ菌とは?カンジダ症って性病じゃないの?

乳酸菌の働きの前に、カンジダ菌について覗いてみましょう。カンジダ菌とは、人間の体にも存在している常在菌でカビの一種(真菌)です。そのためカンジダ症=性病ではありません。

 

一般的には、性器カンジダが有名かもしれません。粘膜部分に赤みやかゆみを発症するため、男女ともにデリケートゾーン部分。とは言え、粘膜はもちろん性器部分だけではありませんよね。舌や口腔粘膜などの口腔カンジダ症、爪カンジダ症、皮膚カンジダ症などもあります。

 

痛みを伴う場合もありますが、かゆみや違和感から手で触ってしまい、さらに別のバイ菌から違う症状に発展してしまうことも…。カンジダ症になった場合は、病院にかかり外用薬や内服薬で治療をしていくのが良いでしょう。

 

なぜカンジタ症が発生してしまうの?

カンジダ菌は常在菌のため普段、体内で大人しくしているイメージです。ですが、あるきっかけでカンジダ菌が元気になってしまいます。それは

  • 風邪
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 乱れた食生活
  • 慢性的な身体の疲れ

といったもので、免疫力が低下している時です。このような状態の時に、皮膚や粘膜に感染してしまうとカンジダ症に繋がってしまいます。

 

乳酸菌がカンジタ予防に良いと言われている理由

カンジダ予防には、免疫力向上が大切というのが見えてきました。そこで、乳酸菌が役に立ってくるのです。乳酸菌は善玉菌のひとつで、腸内整腸や免疫力の向上、悪玉菌の抑制などの働きがあります。そのため乳酸菌を摂取することで、免疫力の向上が期待できるためカンジダ予防にも、有効になってくるのです。

 

ただし、乳酸菌を数回摂取しただけでは効果はあまり期待できません。毎日継続的に、乳酸菌を摂取していくのが大切になってきます。今では乳酸菌サプリなどもあるので、手軽に続けやすい乳酸菌の摂取方法を活用していくのが良いでしょう。

 

関連サイト