乳酸菌で花粉症を緩和できる?!ポイントは種類にあった!

温かな春の訪れを迎えても、素直に喜べないのが花粉症の辛いところ…。寒い毎日から開放されたと思ったら、今度はクシャミの日々なんてことも。最近では、乳酸菌が花粉症の緩和に役立つとして注目を集めています。中には食べやすいヨーグルトを選ぶ人もいますが、それでは効果に期待ができないこともあるのです。
乳酸菌で花粉症を緩和するなら、菌の種類が大切になってきます。

 

花粉症はアレルギーに分類される疾患です

今や現代病とも言われる花粉症ですが、こちらはアレルギーのひとつ。草木の花粉が、人間の粘膜に触れることで反応があらわれます。
一般的にはスギ花粉が有名ですが、ヒノキ、ブタクサ、シラカバなどもあり、アレルギーの種類によっては一年を通して悩まされている人もいます。

 

花粉症が乳酸菌で緩和できる仕組みについて

そこで、注目されたのが乳酸菌による花粉症の緩和です。乳酸菌は腸にいる善玉菌の一つですが、整腸作用に加えて

  • 免疫力の向上
  • アレルギーやアトピーなどの抑制

などもあるのです。そのため、乳酸菌を摂取することで、アレルギーの一種である花粉症の緩和にも大きな期待ができます。

 

花粉症の緩和なら乳酸菌の種類に注目?

ですが、乳酸菌は200種類以上もあり、その全てが花粉症に有効というわけではありません。アレルギーの抑制や、腸まで生きて届く乳酸菌を選ぶのがポイントです。

  1. フェカリス菌
  2. L-55乳酸菌
  3. LGG乳酸菌
  4. ビフィズス菌LKM512
  5. ビフィズス菌BB536

これらの種類の乳酸菌なら、アレルギーを抑制する作用があるためおすすめ。熱や胃酸で死滅することのないよう、上手に乳酸菌を摂取していくのが良いでしょう。

 

初めての花粉症対策なら乳酸菌サプリがおすすめ!

また、今では乳酸菌サプリも種類が増えてきました。そのため、これらの乳酸菌を生きたまま腸まで届けるタイプもあります。摂取や調理方法が難しいと悩む、乳酸菌の初心者さんにはサプリメントがおすすめです。
手軽に摂取できるので続けやすく、コストパフォーマンスも優れています。時間をかけた体質改善の取り組みに、乳酸菌を活用してみてはいかがでしょうか?


関連サイト