乳酸菌の摂取で大腸がんのリスクを抑えると考えられています

乳酸菌の摂取で大腸がんのリスクを抑えると考えられています

 

乳酸菌には、健康や美容で優れた効果が期待できると言われています。その中でも特に、大腸がんのリスクを抑えるという考は気になるところ。
あらためて大腸がんの症状やなりやすい人、気をつけたい部分を覗いてみると乳酸菌の効果にも大きな期待ができます。

 

大腸がんとは?どんな人がなりやすいの?

 

乳酸菌の効果の前に改めて、大腸がんについて調べてみました。大腸がんは結腸や直腸、肛門に発生したがんのことを指します。粘膜から壁に、そしてリンパ節やその他の内臓へと進行していくもの。

 

現在では医療技術も進歩しているため、早期であれば高い確率で治すことが可能です。とは言え、大腸がんの初期症状は目に見えて感じるものが少なく、なかなか自分で早期発見をするのは難しいと言われています。

 

大腸がんの検診や予防の取り組みなどが大切です。
また、大腸がんは遺伝の影響に加え、生活環境の乱れも原因に繋がります。

 

  • 脂肪の多い食事や乱れた食生活
  • 飲酒や喫煙
  • 腸内細菌のバランス崩壊
  • 運動不足や肥満

 

など、身の回りの生活も深く関係してくるのです。

 

がんは治療改善だけでなく転移や再発も心配…

昔は「不治の病」と言われていましたが、今では100%がんが完治した話も珍しくはありません。

 

内視鏡的治療や手術療法、科学療法、放射線治療などの治療法があり、大腸がんの状態によって色々な種類が用意されています。

 

とは言え、やはりがんならば、治療改善だけでなく転移や再発も気になるところ…。
大腸がんを治したり予防したりするだけでなく、転移や再発も大切な取り組みと言えます。

 

乳酸菌が大腸がんのリスクを抑えると言われる理由

 

そこで、注目を集めたのが乳酸菌です。

 

大腸にある悪玉菌は、大腸がんの発生や促進に役立ってしまう働きがあります。その悪玉菌の働きを抑えるのに、善玉菌が有効なのです。乳酸菌も善玉菌のひとつで、悪玉菌の抑制や免疫力向上にも良いアプローチとなってくれます。

 

そのため、大腸がんの発生や再発防止などリスクを抑えるのに、乳酸菌が良いと言われているのです。

 

とは言え、乳酸菌は摂り続けることで効果が期待できます。今では、乳酸菌サプリなど手軽に継続できるアイテムも増えてきました。副作用もないサプリメントで取り組む”がん対策”も、選択肢のひとつにおすすめですね。


関連サイト