乳酸菌がアトピーに効くって本当?!そのメカニズムとは

本人にとっては、とても深刻な悩みであるアトピー。その症状はもちろん、改善に向けた取り組みも時間やお金、労力がかかってしまいます。少しでもアトピーの症状を和らげるために乳酸菌サプリを活用するというのも、選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?

 

アトピーは子供だけではない?大人も悩ますアレルギー

乾燥だけでなく季節や汗などからも、引き起こされるアトピーはアレルギーの一種。花粉症やハウスダストは、もはや現代病とも言われていますが、アトピーで悩む人も多いです。

 

一昔前は、乾燥しがちな子供がかかる免疫機能の乱れというのが一般的なイメージ。ですが、現在では成人アトピーという言葉もあるように、大人も起こる症状となっています。アトピーの症状としては、継続して続く痒みや湿疹。さらに、我慢できず掻きむしってしまうことで、肌荒れや炎症などの可能性も…。

 

左右対称に症状が出るのがアトピーの特徴でもありますが、顔や首、胸など上半身に出やすいと言われています。

なぜアトピーに乳酸菌が良いと言われるの?

そこで最近、アトピーの改善に乳酸菌が良いと注目を集めています。実は消化から吸収、排泄の役割をもつ腸には、アレルゲンが侵入してくる部分でもあるのです。そのため、腸のバリア機能が低下していたり腸内環境が乱れていると…。アレルゲンが入り込みやすく、その結果アトピーの症状悪化の可能性が生まれてくることに。
そのため、乳酸菌で腸内環境を整えて侵入を防ぐ働きかけをしていくのです。またアレルギーには、身体の中で作られる抗体や細胞も影響してきますが、乳酸菌はこれらをコントロールする作用もあります。免疫機能の異常を防ぐため、乳酸菌はアレルギーの発症を抑える作用もあると言えるでしょう。

 

アトピーにおすすめな乳酸菌はなに?

乳酸菌も数百種類とありますが、その中でもアトピーの症状緩和として

L-92乳酸菌

KW乳酸菌

BB536

LGG菌

などが、より目的に見合った乳酸菌となっています。今では乳酸菌サプリなどもあり、手軽に摂取できる時代。これらの乳酸菌が配合されたサプリメントなどで、アトピーの対策に取り組んでいくのもおすすめです。

 

実際にアトピー患者に摂取してもらい、実験や検証結果を出しているサプリもあります。とは言え、個人によって効果のタイミングなどは違います。好転反応や効果の見極めなど、自分で判断が難しい場合は、無理せず病院の先生に相談するようにしましょう。

関連サイト