乳酸菌サプリメント効果 >

乳酸菌サプリメント効果

乳酸菌サプリメントの効果や辛い便秘について
写真

乳酸菌とはどのような菌なのか

乳酸菌とは、代謝により乳酸を生成する細菌類の総称で、チーズ、乳酸菌飲料、日本酒、醤油、味噌や漬物の製造に欠かせない菌類のことです。
乳酸菌は、消化器官の中に常駐して、他の病原性微生物と拮抗する事によって腸内環境の恒常性維持に役立っていると言われています。
乳酸菌は昔から健康の維持と増進に役立つと言われてきました。

免疫系における先駆的な研究を行った事で有名なロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトによる不老長寿説を唱えて、 ヨーグルトの普及に貢献したのが、20世紀の初頭でした。 乳酸菌を使った食文化は、1000年以上昔からありましたが、実際に乳酸菌の存在が知れ渡るようになったのは、 オランダのレーウェンフックが、自身の顕微鏡で身の回りの微生物を観察した時でした。

そうして本格的に乳酸菌の研究が始まったのは、フランスのパスツールによるビールなどのアルコールに酸味が出てくる原因を調べたときでした。 パスツールは、この過程で発酵や腐敗が乳酸菌によるものである事を突き止めました。それ以来、乳酸菌の研究は続けられ、現在に至ります。 乳酸菌は、大きく二種類に分けられ、ヨーグルトやチーズ等の動物性の母体で発酵を行うものを動物性乳酸菌と言い、 植物を母体として発酵を行うものを植物性乳酸菌と言います。

乳酸菌は、身体に摂取されても生きたまま腸に届くのは1%に満たないと言われており、99%が胃酸で死んでしまいます。 しかし、植物性の乳酸菌は生きたまま腸まで到達します。

乳酸菌が生きたまま腸に到達することに、どういった効果があるかというと、例えば悪玉菌を退治するという効果があります。 乳酸菌は、乳酸を生成し、腸内環境を酸性寄りにするので、アルカリ性の環境を好む悪玉菌は、乳酸菌が苦手です。悪玉菌が溜まっていると、 免疫力の低下や肌のくすみ、体重の増加など、多くの弊害がありますので、このように乳酸菌を摂取すると、そういった病気に対して、 強くなります。
では、乳酸菌にどういった種類があるかというと、ヨーグルトの製造に古くから用いられてきたラクトバチルス属、 ビフィズス菌とも呼ばれるビフィドバクテリウム属、整腸薬としても使用されるエンテロコッカス属、 牛乳や乳製品に多く見られるラクトコッカス属、ピクルスなどの発酵植物製品から得られるペディオコッカス属、 ザワークラウトなどの発酵植物製品から分離されるリューコノストック属などが挙げられます。

その他に、乳酸菌に期待できる効果、 効用としては、便秘の改善、新陳代謝の改善によるダイエット効果、アトピー性皮膚炎の改善、花粉症改善など多岐にわたり、 乳酸菌のこのような有用性が広く知れ渡っています。

便秘解消のために

私はもともとかなり頑固な便秘症で、薬に頼ることもしばしばありました。
しかし妊娠を機に薬を飲むことができなくなり、さらに便秘は悪化。1週間ほど出ないのも珍しくなかったです。 そこで、とにかく生活習慣を見直そうと思い、まずは「便意がなくても定期的にトイレに行く」ということに気をつけました。

規則正しく時間を決めてトイレに座ると、体がそのリズムを覚えて便が出やすくなるそうです。私は朝は必ずトイレに行っていました。 そして、便秘解消にはやっぱり適度な運動が大切です。妊娠が安定期に入り、ある程度の運動が許されたあたりから散歩を始めました。 毎日30分程度、のんびりと近くの公園まで歩いていました。暖かい季節限定になってしまいますが、適度な運動はやはり効果的でした。

お金もかからないので気軽に続けられました。冬場などは部屋の中でステッパーを踏むくらいでも効果は出ると思います。 次に、毎日お風呂に入ることも意識しました。 妊娠中は体がだるくてサッとシャワーで済ますことが多かったのですが、便秘にはぬるめの半身浴が良いと聞き、実行しました。 38度くらいのお湯につかりながら、おへその周りを軽くマッサージするとさらに良いみたいです。
体が芯から温まり、汗もたっぷりかけるので体の中から綺麗になっている感じがしました。

ビフィズス菌で便秘改善

みなさんはビフィズス菌ってご存知ですか? ビフィズス菌というのは、ひとの身体に役に立つ菌のひとつです。

ビフィズス菌はひとと、動物の腸の中に住んでいます。 ビフィズス菌は糖を分解して酢酸と乳酸を作り出す善玉菌です。
乳酸菌は乳酸を作り出すのですが、ビフィズス菌は酢酸も作ることができます。 ヨーグルトは普通、乳酸菌が入っています。乳酸菌もお腹の調子を整えてくれるのです。

一方ビフィズス菌が入っているヨーグルトというのは、乳酸菌が入っているところに、ビフィズス菌を加えてつくるのです。 乳酸菌の整腸作用にビフィズス菌の整腸作用が加わり、全体としての整腸作用は乳酸菌だけのものより10%高まります。 ビフィズス菌が入っている製品について、書いておきます。 森永乳業のビヒダスはひとの身体に存在し、生きてとどまるBB536を配合しています。

日本ミルクコミュニティのナチュレ恵は、ビヒダス菌SP株に加えて、現代の日本人の身体に合わせて選んだ、ガセリ菌SP株を配合しています。 グリコ乳業の朝食プロバイオティクスヨーグルトBifiXは、生きて腸まで届き、しかも腸の中で増えることができるグリコ独自のビヒダス菌、BifiXを配合しています。 みなさんもビフィズス菌で便秘改善、してみてくださいね。

妊娠中期の便秘予防

これほどまで便秘に気を使うようになったのは、妊娠中期になってからでした。
大きくなっていくお腹とともに、なかなか出なくてお腹が張るほどしつこい便秘。もしかしてこのお腹の膨らみは赤ちゃんではなく、 便秘のせい?と思うほど、不快感がありました。妊娠を期に食事に気を使うようになったものの、体が妊娠前と違うので、より気を使う必要があると反省しました。 それからは食物繊維が多いもの、ヨーグルトや大豆食品など、拙い知識のなかからお腹に良さそうなものをピックアップし、 積極的に摂るようにしました。運動量も増やし、その結果お通じはでてきたものの、今度は痔になるほどの硬い便に悩むことになりました。

出るけど肛門が痛い‥という負のスパイラル。トイレに行くのも嬉しいんだか何なんだかという感じでした。 どうしようとまた拙い知識を引っ張り出し、牛乳の存在に気付きました。牛乳は中学校の給食で飲んでいた以来、 積極的に飲むようなことは一切なかったので、盲点でした。久しぶりに飲む牛乳はとてもおいしくて、温めて飲むとほっとしました。

結果、お通じは順調で、さらにスルッと解消出来るようになり、お腹の張りも無くなりました。 今は赤ちゃんの胎動を感じるたび、動きやすいですか??と話しかけています。
Copyright (c) 2014 乳酸菌サプリメント効果 All rights reserved.
▲ページの先頭へ